ためしてガッテンかす床レシピ!酒粕と焼酎で簡単!かす床マシュマロは絶品!

11/25、ためしてガッテンは酒かすパワー大全開!ということで、自宅で手軽に楽しめる酒粕を使った ぬか床ならぬ「マイ・かす床」の作り方が紹介されました。
マイ・かす床一つあれば色んな食材を味わい深い美味しい一品に変えられるということで、これは作ってみたくなりますね!
かす床に漬けたマシュマロ「ガテマロ」

スポンサーリンク

マイ・かす床の作り方

ためしてガッテンで紹介されたマイ・かす床。
マイかす床に食材を漬けると、かす中の食材も酵素で分解され、糖・アミノ酸といった旨味の元にどんどん変化していき、それがまたその食材の中に入っていって絶品になるんだそう。

番組内では焼酎を使っていましたが、酒やみりんなどアルコール度数が高いアルコールならいいそうです。

また、出来上がった かす床は常温(20~25℃)で置けば置くほど、うま味が倍増していくのですが寒い季節の場合はこたつの中に入れるのもオススメだそうです。

マイかす床は基本的には半年は持ちますが、漬ける食材によっては半年よりも短い期間でかす床が傷む場合もあるので、すっぱい臭いがしたら かすを交換してください。

材料
市販の酒かす 100g
焼酎 50ml(みりん・日本酒を使う場合も同じく50ml。甘みが苦手な人は焼酎がオススメ)

【作り方】

  1. 酒かすを手で適当にちぎって耐熱皿に入れ、焼酎をかける。
  2. ラップをせずに600Wの電子レンジで40秒加熱する。

    40℃~50℃を目安に!お風呂くらいの温度に温めることで酵素がよく働きます。

  3. ゴムべらなどでペーストになるまでほぐす。
    ※フードプロセッサーを使ってもOK!
  4. タッパなどにならして入れ、2日間常温(20~25℃)で熟成させれば、かす床の完成!

かす床に漬け込むオススメ食材と漬け込み時間の目安

完成した かす床に色々入れてみてくださいと奈良女子大にお願いしました。
奈良女子大の皆さんが試したのは50品目で、その中で特に好評だったのが以下の12品目で、中でも最も好評だったのがマシュマロ!

街頭で試食してもらった一般の人から、ためしてガッテンや奈良女子大に手紙が届き、「こんなに美味しいなら絶対奈良の名物になる!名前をつけたほうがイイ!」などと投稿まであったそうです。マシュマロは是非とも漬けてみたいですね!

マシュマロは かす床に浸けると材料の卵白を酵素が分解して うまみ成分であるアミノ酸に変えるんだそうで、山瀬まみさんは「おかわり下さい!これ奈良の名物になるし、フランスとかで商売できるかも!キャラメルみたいな味がする」とまで言って、とても気に入っていました。

基本的に漬け込むものは水分が多くないものがオススメで、野菜は一度茹でてから しっかりと水分を切ってから漬け込みます。しっかりと水分を切らないと つけ床のアルコール分が薄まって床自体が傷みやすくなる原因になってしまいます。

スタジオでは干しワカメ・豚肉・レンコン・チーズ・マシュマロをかす床に漬けたものが登場しましたが、どれも好評でした。

アルコール臭が気になる人は、かす床から食材を取り出して数時間から数日間、冷蔵庫で保存すると臭いが減るそうです。

  • 干物
  • イカ
  • ホタテ
  • ササミ
  • チーズ
  • フランスパン
  • マシュマロ
  • パスタ
  • おにぎり
  • 枝豆
  • リンゴ(クリームチーズのせ)
  • 干ししいたけ

それぞれの食材の漬け込み時間の目安は以下の通りで、肉や魚を漬ける場合は長時間漬けすぎると身が崩れてしまうので長くても4~5日が目安です。

マシュマロ 4~6時間程度
肉・魚・野菜 20~24時間程度

ガッテン流かす床の作り方

お酒は苦手。でもかす漬けの味は楽しみたい。そんな方におすすめのレシピが ガッテン流かす床です。

材料
酒かす 100g
水 50ml

作り方は、マイかす床の作り方と同じで、焼酎の代わりに水を使うだけです。
アルコールがない分、日持ちはしませんが、かすのパワーは健在だそうです。

スポンサーリンク

 にほんブログ村 グルメブログ お取り寄せグルメへ

9 Responses to “ためしてガッテンかす床レシピ!酒粕と焼酎で簡単!かす床マシュマロは絶品!”

  1. かねさか まさとし より:

    ここでは酒粕+焼酎、或いは酒粕+水からカス床を作るとなっていますが、みりんを使う場合は酒粕100gに対してみりんはどのくらい使ったらいいのでしょう?

  2. 山田 泰行 より:

     美味しそうですね。私は今68才で、小さい頃ツムギの粕付けの
    味が、忘れられません。
     早速 やってみたいのですが、イカ・豚肉は生のまま漬けて
    焼けば良いのですか?
     また 豚肉は、どんな種類が良いですか?
    教えてください。お願いします。

    • medianow より:

      山田さん
      コメントありがとうございます。
      ツムギというのは初めて聞きましたが、お魚?なんでしょうか。
      北海道ではきいたことがありません。食べてみたいなぁ。

      番組内では乾物以外の食材は生のまま入れていました。
      熟成するときだけ かす床は常温保存ですが、完成して生の食材を漬けこむときは冷蔵庫ですね。
      生の食材を漬けこむときも常温でした。大変失礼いたしました。

      ただ、冷蔵庫で漬け込むのが間違いというわけではなく杜氏の方のHPを拝見した所、
      完成した床に食材を入れて冷蔵庫で漬け込むとなっているので、どちらでもいいのかなという気もします。

      豚肉の部位も何でもいいと思いますが、味噌漬けなんかだとロースを付けているので薄めのロース肉がいいんじゃないでしょうか^^

      • Hello Kitty より:

        ”熟成するときだけ かす床は常温保存ですが、完成して生の食材を漬けこむときは冷蔵庫”っておっしゃっていらっしゃいますが、番組ではどちらかと言うと、常温で漬けこむようなニュアンス(実際にはどちらともはっきり言ってなかった)の様でしたが、実際はどうなんでしょうか?ずっと疑問に思っていました。

        それから、食材を漬け終わって取り出した後のかす床はまた常温保存ですか?それとも、もうかす床は熟成されているので冷蔵保存でしょうか?

        • medianow より:

          Hello Kittyさん
          生の食材を漬けこむときも常温ですね。
          番組では冷蔵庫的な感じに聞こえたので、誤って冷蔵庫でと回答してしまいました。
          大変ご迷惑をおかけしました。
          ただ、冷蔵庫で漬け込むのが間違いというわけではなく杜氏の方のHPを拝見した所、
          完成した床に食材を入れて冷蔵庫で漬け込むとなっているので、どちらでもいいのかなという気もします。
          食材を漬け終わって取り出した後のかす床は一般的には長期間使わない時には冷凍保存がいいようですが、
          数日位なら常温保存でいいようです。

  3. みっちい より:

    昨夜の再放送を見て粕床を作ろうと思ったのですが、生肉や生魚を漬けたのと同じ粕床にマシュマロや干しわかめ、チーズなど漬けてもいいのでしょうか?

    • medianow より:

      みっちい さん
      私は生物は生物だけにし、そのまま食べられる食材(チーズやマシュマロなど)とは分けて漬けました。
      大丈夫なのかもしれませんが、気分的にというか衛生的に良くない気がして・・・。
      分けた方が無難な気がします。
      参考になるか分かりませんが、私はこうしましたということで書かせていただきました。

      • みっちい より:

        やはり分けたほうが無難ですよね。
        私も分けて漬けることにします。
        ありがとうございました。

☆コメントをどうぞ☆ 

管理人が承認するまでコメントは公開されませんので、ヒミツの質問などは
公開しないでくださいと一言添えてくだされば公開しませんので、ご安心を♪

任意

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ(クリックで展開)

このページの先頭へ