リンゴの万能ピューレを使ったレシピとリンゴの美容と健康への効果-あさイチ

りんご
11/10 あさイチ・イチおし 知ってトクするリンゴのパワー


スポンサーリンク


肌が気になる秋、りんごの美白パワーを借りて夏に受けた紫外線ダメージを解消しましょう!

リンゴの女性に嬉しい美白パワー

リンゴには肌のシミを抑制する効果が期待されています。そのリンゴの成分とはポリフェノールの一種であるプロシアニジン類。リンゴを切って時間が経つと表面が茶色くなってきますよね。これがポリフェノールの働きで、このおかげで中の方は白さを保っていられるんです。

ある女性にリンゴのポリフェノールを毎日摂取してもらい、2週間後に紫外線をお肌に当ててシミを作ってみて10週間経過観察したところ、ポリフェノールを毎日飲んだ人と飲まなかった人ではシミの濃さと元に戻る速さが全く違い、飲んでいた人は10週目にはシミがほとんど確認できないくらいになっていました。

メラニン色素の量も10週間、見比べてみたところ飲んだ人は明らかにメラニンの減りが早いということも分かりました。
リンゴポリフェノールの効果グラフ
このリンゴの美白効果を得るためには、1日1個のリンゴを皮ごと食べるだけでOKで、そのまま食べるのが苦手な人はミキサーにかけたものをジュースとして飲んでもいいです。ただ、市販のリンゴジュースには他のものも混ざっている場合もあるため、そのまま食べるか自分で作ったリンゴジュースを飲むのがベストです。

まだまだあります!リンゴのすごいパワー!

継続して食べることによって得られるリンゴのパワーは美白以外にもまだまだあります。
これらは生活習慣病予防につながる効果があるということで、すでに病気になっている人に対しての効果ではなく、これからなるリスクを減らす効果があるということで理解してほしいとのことでした。
またリンゴの果糖は中性脂肪が増えるが気になるという人もいるかと思いますが、実際はリンゴを食べても中性脂肪は増えず逆に減ることが分かっていて、高脂血症などの症状があった人でも逆に正常値になっているそうです。血糖値も同様で、りんごを食べたから血糖値があがるということはないそうです。
食べる時間は朝・昼・晩どの時間でもOKです。

リンゴの主なすごいパワー

  • 便秘解消
  • 血圧上昇を抑制
  • 中性脂肪の低下
  • 疲労回復
  • 美肌
  • 肺がんリスクの低下 1日1個食べると肺がんリスクが58%低下、その他のがんリスクは17%低下
  • 気管支ぜんそくリスクの低下(原因となるヒスタミン濃度を低下させられる) 1週間に2回を継続して食べた場合

蜜入りリンゴを見分けるポイント

蜜入りリンゴを見分ける方法をリンゴ農家さんに伺いました。
その方法は、日光が当たりにくいお尻を見るというもの。表面部分は日光に当たり赤くなるのであまり参考にならず、お尻の部分は日光が当たりにくいので本当の熟成度を知ることが出来るんだそうです。
下記画像で右にいくほど熟成したリンゴでお尻まで赤くなっている場合、80~100%の確率で蜜入りだと分かるそうですよ!ただこれはフジやスターキングの話で、王林やゴールデンデリシャスなどはもともと蜜が入りにくい品種なので、蜜は入っていないかもしれないが成熟しているかどうかの見分けにはなるとのことです。

そして蜜ですが、実はこれ自体には甘味はなく、これが入っていると成熟していて甘いリンゴという指標に過ぎないのでその点はお間違いなく♪
リンゴの成熟度

りんごの万能ピューレ・レシピ

りんごの万能ピューレ
料理研究家の脇 雅代さんが、りんごが余った時などに作っておけば幅広く使えるリンゴの万能ピューレの作り方を教えてくれました。
このピューレを生クリームと合わせて冷凍庫で固めればアイスも作れると言っていましたよ★

材料
リンゴ 100g(約1/2個)
砂糖 小さじ1~2
バター 1㎝角 1個

作り方:

  1. リンゴは皮をむき、芯を取ったら厚めのいちょう切りに切る。
  2. 1をボウルに入れ、砂糖とバターを加えラップをふんわりとかけ、電子レンジ(600~700W)で3分加熱する。
  3. 1~2分そのまま蒸らしたら、フォークで全体的につぶせば完成!

りんごの万能ピューレを使ったドレッシング・レシピ

シンプルなサラダにとっても合うドレッシングです。
リンゴピューレを使ったドレッシング

作りやすい分量
万能ピューレ 100g(上で作ったもの全て)
酢 大さじ2
水 大さじ1
塩 小さじ2分の1
こしょう 少々
サラダ油 大さじ4

作り方:

  1. ボウルにサラダ油以外の材料を入れ、塩が溶けるまでよく混ぜ合わせる。
  2. サラダ油を加えながら混ぜ合わせれば完成!サラダには食べる直前にかけるようにします。

りんごの万能ピューレを使った調味ダレ・レシピ

作りやすい分量
万能ピューレ 100g(上で作ったもの全量)
しょうゆ 大さじ1
酒 大さじ1
しょうが(すりおろし) 小さじ1/2

作り方

  1. ボウルにすべての材料を入れて混ぜ合わせれば完成!

万能ピューレで作った調味ダレを使った豚丼・レシピ

豚丼以外にも焼肉やジンギスカンにこのタレを使っても良さそうですよね!
万能ピューレ調味ダレを使った豚丼

材料(2人分)
豚コマ 200g
調味だれ 100g(上で作った調味ダレ全量)
水菜 適量
ごはん適量

作り方

  1. ボウルに調味だれを入れ、豚肉によく絡める。
  2. そのまま5分以上置く。

    リンゴの有機酸の効果で豚肉が柔らかくなる!

  3. フライパンを火をかけ、あまり熱くならないうちに1の肉をタレごと入れる。
  4. 強火にし、肉をほぐしながら汁気がなくなるくらいまで炒める。
  5. 器にごはんを盛り、2~3㎝に切った水菜をのせ、その上から4の肉をのせれば完成!

りんごの万能ピューレを使ったクランブル・レシピ

りんごの万能ピューレを使ったクランブル
材料(2人分)
万能ピューレ 200g
バター 大さじ1と1/2
小麦粉 大さじ2
砂糖 大さじ2弱    
塩 ひとつまみ

作り方

  1. ボウルに小麦粉、砂糖、塩を入れフォークを使ってよく混ぜ合わせる。
  2. 1に室温にもどしたバターを加え、ポロポロになるまでフォークで混ぜ合わせる。
  3. 器の半分くらいまで万能ピューレを入れ、2を上からパラパラっとのせる。
  4. オーブントースターで約8~10分焼けば完成。

    焦げそうなときはアルミ箔などでゆるく覆いましょう!

スポンサーリンク

 にほんブログ村 グルメブログ お取り寄せグルメへ

☆コメントをどうぞ☆ 

管理人が承認するまでコメントは公開されませんので、ヒミツの質問などは
公開しないでくださいと一言添えてくだされば公開しませんので、ご安心を♪

任意

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ(クリックで展開)

このページの先頭へ