スマステ秋の最新アイデア文房具ベストセレクション17!デコラッシュは可愛いし全部便利そう!

10/10、SmaSTATION!!スマステで家・会社・学校で使いたい!あなたの常識が変わるきっと変わる!秋の最新アイデア文房具ベストセレクション17がありました。

生活をちょっと便利に楽しくしてくれるアイテムが盛りだくさんでしたね!スマホアプリも無料で使えそうだなと思いました☆
スマステ秋の最新アイデア文房具ベストセレクション17

kamiterior popit

本の大事な箇所に目印をつけたいとき、お気に入りの本や借りている本だった場合、蛍光ペンなどで直接書き込むのは、ちょっと抵抗がありますよね。かといって、付箋などを貼っておくと下の文字が隠れてしまって見づらい。

そんなときに便利なのが本を開くと、ぴょんっと飛び出て目立つやつ、「popit(ポピット)」!
kamiterior | POPit

ポピットの最大の特徴は、付箋が起き上がって立体的に見えること。まるで紙の上にピンを立てるように目印を置くことができちゃいます。

秘密はポピットの絶妙な傾斜にあって、傾斜がついていることによって閉じるときは、邪魔にならないよう平たく折り畳まれ、再び開けば、しっかりと起き上がるようになっています。また折れ目の部分には十分な弾力があるため、本を開くたびに何度でも起き上がります。

さらに、貼り付ける面に影を印刷することにより立体感をアップ。より目立つようにするという細かい工夫も。

デザインのバリエーションはピンや矢印のほかに人型やクエスチョンマークなど用途に合わせて使える全8種類で地図などの目立たせたい場所に貼れば一目瞭然で相手も喜ぶこと間違いなし!

こちらのポピットは、なんと、本日発売で今までは東急ハンズで先行発売されていたので、すぐ欲しい人は東急ハンズで♪

サンスター文具 zitte

手紙や案内状を書く際、テープで留めると開けるのが意外と大変だったり、のりで留めると開ける際、うっかり破れてしまうことも。

そんなときに便利なのがサンスター文具のzitteです。

zitteはジッパーのように封を開けることができるテープで、テープに沿って2本のミシン目が施されているため、簡単に開封することが可能なんです♪

さらにこのテープの新作zitte&には、封を開けるとテープの裏面にはアイラブユーや、ほんのきもちですなど、様々なメッセージが隠されていて、きれいに開封できるうえに、ちょっとした気持ちを伝えることができるため、手紙や贈り物にぴったり!!
ジッテ&は、11月下旬に発売予定です。

ちなみに手紙に書いた秘密のメッセージ部分を隠したり、ポケットティッシュに封をすれば取り出し口をおしゃれに補強できるなど使い方は工夫しだいで、どんどん広がりますよ^^

アイタス・ジャパン Equil SmartMarker

会議をしながらメモをするのに便利なホワイトボードですが、会議が終わるたびにメモした内容を記録するのは面倒だし、図やイラストなど記録するのが難しいメモもありますよね。

そんなときに便利なのがアイタス・ジャパンのEquil SmartMarkerです。

エクイル・スマートマーカーは今年1月にアメリカで発売され、今や世界中でなんと4億円以上を売り上げている人気商品!

使い方は簡単で、受信機の電源を入れ、それをいつも使っているホワイトボードの端に取り付ける。そしてタブレットやスマートフォンで専用のアプリを立ち上げたら、あとは普段使っているマーカーを専用ペンケースに入れるだけ。そしてペンケースに入れたペンで通常どおりホワイトボードにメモをしていくとリアルタイムで端末に配信されるんです。

ペンケースの先端からはペンの動きに合わせて超音波と赤外線が発信されていて、それらを受信機の上下のポイントに送り3点の位置関係を常に把握することによって正確にペンの動きを記録することができるようになっています。このリアルタイムの配信は最大で10台まで配信することが可能なので参加者はわざわざメモを取る手間もないし、書き間違いなどの心配もないため全員が完全に同じメモを共有できちゃいます。

さらに、受信機には最大で2万枚分のデータを保存できるため、以前の会議の記録を瞬時に呼び出したり、会議ごとにデータを仕分けしたりも自由自在。

さらに送られてきた文字の中で好きな範囲を選択し、あるボタンを押すと手書き文字をテキストデータに変換までできてしまうという機能まであるので、これなら議事録を作るためにパソコンで打ち直す必要もないし、ほかのデータに簡単にコピーすることも可能ですね。

加えて、専用のイレーザーで消せば端末上でも同様にデーターを削除できるもいい点です。また、端末に保存したメモに あとから手書きで書き加えるなんてこともできちゃいますよ♪

ウインテック magnetic NOTES

これまでにない特徴で話題になっているのが、のりがないのにくっ付き放題の魔法の付箋、magnetic TM NOTES(マグネティック・ノート)。

マグネティック・ノートは裏面がツルツルなのにもかかわらず、貼りたい場所に自由に貼ることができちゃう不思議な付箋!

ツルツルなのにくっつく秘密は独自の特許技術により実現した特殊なフィルムにあるんですが、実はこのフィルムは静電気を帯びているため、静電気の力によりくっつく仕組みになっているんです。

もちろん、通常の付箋と同じように普通のボールペンなどで書くことができ、のりが付いていないので貼った所が汚れる心配もないし、簡単に剥がして何度も貼り直しが可能。

乾いた面であれば どんな場所でも貼り付けることが出来るため、コルクボードに貼ったり、植木鉢に貼ったり、カバンに貼ったりなどどこでも貼れちゃいます。また、位置をずらしたくなっても静電気を帯びている間は自由にスライドできるので、付箋の数が増えてきても安心♪

さらにこのマグネティック・ノートを貼り付け、そこに普通の紙を重ねて当てれば、まるで両面テープのように貼り付けることも出来るし、両面どちらでも貼り付けることができるので、書き直すことが分かっているときは、裏面を表にして貼り付けておくと便利。
というのも実は裏面はホワイトボードマーカーで描けば消すことができるようになっているため、間違えてしまったり、用件が終われば、消して繰り返し使用できるようになっているんです。

色々と便利に使えそうな付箋ですよね!!

こちらのマグネティック・ノートは今年の日本文具大賞を受賞し、昨日発売されたばかりの新商品です。

ゼブラ 水拭きで消せるマッキー

お絵かきなどに大活躍のペンですが、お子さん一人でお絵かきさせていて、ちょっと目を離したすきにガラスや床に落書きしてしまっていた・・・なんてことありますよね。
そんな時にオススメなペンが50万本のメガヒット、さっと一拭きするだけできれいに消せる画期的なペン、水拭きで消せるマッキーです。

水拭きで消せるマッキーは、ガラスやプラスチックなどツルツルとした面に描き、2~3分乾かすと指でこすっても落ちないんですが、水で濡らしたタオルなどでさっと拭くと、簡単に消すことができるんです。

ポイントは独自開発の特殊インクで、一般的なペンには固着剤と呼ばれる描いたインクを定着させるための樹脂が入っているんですが、この水拭きで消せるマッキーは固着剤の代わりにインクに水のりを加えて色を固定させているため、こすっても色は落ちませんが水で拭くと、のりが溶けて色が剥がれる仕組みとなっています。

そのため、冷蔵庫やドアノブ、食器棚、パソコン、衣装ボックス、薬入れなどツルツルしてさえいる所ならどこでも思いっきり描いたとしても全く問題なしです!

水拭きで消せるマッキーのバリエーションは全16色の中から選べるので、お子さんのお絵描きにもピッタリですよ^^^

LIHIT LAB. コンパクトパンチ

今月2日に発売されたばかりの手のひらサイズの四角い文房具、コンパクトパンチ。

通常のパンチは引き出しにしまおうとしても引っ掛かってしまい、入らないなんてことがよくありますが、コンパクトパンチなら使わないときには折り畳んで引き出しに入れておいて、使いたいときには取り出してボタンを押せば、一瞬でパンチに早変わりするので場所を取りません。

また、コンパクトではありますが、きちんとダストカバーが付いているので穴を開けた際、ゴミが散らからないのも嬉しいポイント。筆箱にも軽々入る大きさなので、持ち歩きたいときにも便利です。

コクヨ ハリナックスプレス

以前のスマステでも紹介された針を使わずに穴を開け、折り返すことにより、紙どうしをまとめることができる大ヒット商品のハリナックスが、さらなる進化を遂げて登場しました!
それが、もはや穴すら開かない、新時代のホチキス、「ハリナックスプレス」です。

ハリナックスプレスは穴を開けずに紙どうしをまとめることができるのですが、そのポイントは独自開発のプレス機構にあります。

波形の金属歯の間に挟んでプレスすることにより、なんと、およそ200キロもの圧力をかけ凸凹を作り、紙どうしを圧着し、しっかりと紙同士をまとめることができるんです。

そして外したいときも簡単で、ハリナックスの底面でプレスした部分をこすり、波形のプレス跡を平らにするだけ!針を使わないことにより通常のホチキスで留めた書類よりもかさばらず、整理もしやすいと大人気になっています。

シュレッダーする時も針がないと楽でいいですよね!

プラス きらりプチデコラッシュ

修正テープを引くような感覚で手軽に手帳やノートなどをデコレーションできると大ヒットのアイテム、デコラッシュ。
そんなデコラッシュの最新作が、さらにかわいく、さらに便利にデコ革命の、「きらりプチデコラッシュ」です。

きらりプチデコラッシュの最大の特徴は、その名のとおり、きらりと光る華やかな柄!
光沢のあるインクを使用することにより、従来品と比べ、よりきらびやかに、よりかわいくデコレーションすることが可能になっています♪

さらに、直線だけでなく、しなやかな曲線を引くこともできるし、間違えてしまったときも専用の消しゴムがあり、これを使えば、きれいに消すことだって出来ちゃいます。

ラインとしてだけでなく、柄と柄の間にスペースが設けられているので柄一つ一つで区切って使えば、スタンプのように使用することも可能ですよ★

柄の種類もハートやパンダなどCUTEなものからOKやHAPPYといった、ちょっとしたメッセージを伝えられるものまで全14種類と豊富なバリエーションになっているから、色々な場面で使えそうですね!

コクヨ Pat-mi2016

ここからは今話題の最新アイデア手帳を3つまとめてご紹介。
まず一つ目は、必要な分だけ持ち運び、ぱっと見て予定が分かる、Pat-mi(パットミー)。

パットミーの最大の特徴は、取り外し可能な手帳の中身で、12か月分のスケジュールが1か月ごとに切り離されているため、必要な月の分だけを挟んで持ち運ぶことが可能なんです。

さらに中身にも様々な工夫がされていて、開くと上部には1時間ごとに1日の細かいスケジュールを書き込める欄が1週間分あり、下部ではその月全体のスケジュールを確認できるようになっています。また、1週間を終えたときに一番上のページをめくれば、次の週のスケジュールを書き込める欄が出現するため、一目で1週間と、その月全体のスケジュールを把握できるようになっているんです。

細かくスケジュールを書き込みたいけど、先々のスケジュールは未定なことが多い忙しいビジネスマンに特に人気です。

リド ミニプランナー

今話題の最新アイデア手帳2つ目は、手帳の中身が伸びるドイツ生まれの伸びーる画期的手帳、ミニプランナーです。

ミニプランナーは、ドイツの文房具メーカーであるリド社が販売し、世界中で大人気となっている手帳で、ページが蛇腹式になっていて伸びるのが特徴で、最大限伸ばすことにより、おもての面だけで半年先までのスケジュールを、さらに裏返すと15か月先のスケジュールまで一目で確認することができるようになっています。

それぞれの月ごとに見てみても縦の欄には日付が、横の欄には時間軸が設定されており、1か月のスケジュールを細かく書き込むことが可能。

また蛇腹式になっていることにより、薄さ僅か3.mmという1年分のスケジュール帳としては驚きの薄さを実現しています。

コクヨ ジブン手帳2016

今話題の最新アイデア手帳3つ目は、スケジュール管理だけじゃない、一生使えるアイデア手帳、ジブン手帳。

ジブン手帳の最大の特徴は3冊に分かれる冊子で構成されていることで、ライフ、ダイアリー、アイデアの3つの冊子に分かれています。
ダイアリーは24時間単位でスケジュールが管理できるだけでなく、その日の気分や天気、食事メニューなどをメモしておいたり、忘れがちな人との約束を書き留めるためのプロミスリストなど、様々な項目が充実。
続いて、アイデアの冊子は、日々のひらめきを自由に記録できるメモ帳になっています。

ポイントはアプリと対応することにより簡単にデータ化が可能なことで、データ化したいページの四隅にある升を四角くなぞり、専用アプリを立ち上げ、カメラで撮影すると角度などを自動で補正し、データ化してくれます。

そして3つ目の冊子、ライフには他の手帳にはないユニークな項目がずらり。
例えば、人生でやりたい100のことを書き出しておけるページや、これまでに旅した地域や国を記しておけるトラベルマップ、さらには、生まれたときから99歳まで自分自身の年表を作成できるジブン年表、家計図、座右の銘など、人生に関する様々なことを書き留めておけるようになっています。

来年以降も必要な部分は冊子を入れ替えて使えるので、まさに一生使える手帳となっていますよ!

キングジム ジップケーブルポーチ

外出先で携帯電話を充電しようと思ったらケーブルを忘れてしまった・・・とか、ちゃんとカバンに入れていたとしてもコードが絡まってぐっちゃぐちゃ・・・なんてことも。

そんなときに便利なのがコードの絡まりとサヨナラできちゃう、ジップケーブルポーチです。

ジップケーブルポーチは、一見、なんの変哲もない普通の小型のポーチのようですが、実はついているジッパーを開けていくと、なんと1本のひも状に!
そう!実はこのポーチ! ポーチとUSBケーブルが一体化しているんです!

これならうっかりケーブルを忘れる心配もないし、カバンの中で絡まってしまうこともありませんよね^^

最大1.5mもの長さがあるので、ゆったりと使用することができ、使い終わったらジッパーを閉じていけば、ポーチに元どおり!充電器など、ケーブルと共に使用することの多いちょっとした小物を入れておくことも可能で、もちろん、ポーチの状態のままコードを使用することも可能です。

ちなみにジップケーブルポーチには、ポーチサイズ以外にもノートやタブレットなどを入れることができる、大きめサイズもあります。

クツワ 鉛筆の蛍光マーカー

蛍光ペンで重要なところに線を引くとき、線にムラが出来てしまったり、インクが裏側まで染みてしまい、他のページが汚れてしまう・・・なんてことあありますよね!
そんなときに便利なのが38万本売れている大ヒット色鉛筆、鉛筆の蛍光マーカーです。

鉛筆の蛍光マーカーは、鉛筆と同じように書けるため、筆圧や線の太さ、濃さなどの調整も自由自在で、鉛筆なのでもちろんインクが染みて裏写りしてしまうなんてこともありません。

さらに付属のキャップには鉛筆削りが付いているのもうれしいポイント!いつでも削ることができるのでペンのように突然のインク切れを心配する必要もなしです。

また、付けたまま筆箱にも問題なく入るサイズなので持ち運びにも便利な作りとなっているし、オレンジの鉛筆マーカーで文字を書き、上から赤い下敷きなどをかぶせれば、文字が消えて見えるため、暗記の勉強などにも使えますよ☆

マインドウェイブ ペタッとマーカー

雑誌の切り抜きなどをノートに貼る際、のりで貼ると誤って貼ってしまっても貼り直しにくいし、剥がすときに破れてしまうことも・・・。

そんなときに便利なのが塗れば あっという間に付箋に早変わりする、ペタッとマーカーです。
ポルト ボヌール ペタッとマーカー 48758 ドット

ペタッとマーカーは塗ったあと、水色ののりが乾いて透明になるまで待ってから貼れば、まるで付箋のように簡単につけ外しができちゃうマーカータイプののりで、のりが透明になる前の水色の状態で貼れば強力な粘着力を持った通常ののりとして使用することもできるという二刀流!

これさえあれば、お気に入りのメモ帳を付箋として使用することが可能なだけでなく、その日の夕食のレシピなどを必要なときにだけキッチンに貼っておくなんてことも可能です。

また先端は、まるでペンのような形状となっているため、細かいところまで塗ることができるのもうれしいポイントですね。

リトルライト patto

続いては近年急速に進化を続けるスマホで使える便利なアイデア文房具アプリを、2つ続けてご紹介!
スマホのカレンダーに予定や記念日を登録したのはいいけれど意外と空白が多い・・・。なのに、たまにある大切な予定を見逃してしまった・・・なんてことありますよね。

そんなうっかりミスを防げるアプリが、予定がある日だけを一目でチェックできるお手軽アプリ、patto(パット)。
予定がある日だけカレンダー patto(パット) – LITTLE LIGHT, INC.

pattoの使い方は簡単!
一般的なスケジュールアプリと同じように予定のある日を登録しておくと予定を登録した日付のみをまとめて表示することができます。
また、数日間にわたる予定の場合、手帳などではラインなどを書き込む人も多いですが、このアプリでも登録するだけで日付をまたいだラインが出現するため、長期間の予定でも一目で分かりやすくなっています。

まだ先だけど忘れたくない大切な人の誕生日や記念日なども、これさえあれば見逃す心配なしですね!

Skypaw Multi Measures2

スマホで使える便利なアイデア文房具アプリ2つ目は、便利な計測ツールが一つになった実力派アプリ、マルチメジャー2。
Multi Measures 2 – The all-in-1 measuring toolkit – SkyPaw Co. Ltd

マルチメジャー2は、様々なシチュエーションで使える計測ツールが一まとめになったお得なアプリ!

例えば分度器では、自由に角度を測れるだけでなく、画面左上にあるカウンターをタップし、数値を入力すれば、角度を表示することも可能。他にも定規やコンパス、ストップウォッチ、タイマーといった、一般的な計測ツールだけでなく、周囲の騒音を計測できる騒音計や、対象物が垂直であるか確認できる垂直器、周囲の磁力を計測できるテスラメーター、テーブルの傾きを調べることができる、水準器、指先ひとつで様々なリズムを設定できる本格的なメトロノームまで専門的な計測ツールを含めた、なんと12種類もの機能が一まとめになっています。

これだけ多機能ながら、なんと無料!
これはいざというときに役立ちそうで手に入れておいて損はないアプリですね!

アッシュコンセプト +d ポップアップブックカバー

本を読んでいてしおりを挟むのをうっかり忘れてしまったことはありませんか?
また、本を落としてしまった時に本からしおりが抜け落ちてしまったなんてことは?

そんな悩みを吹き飛ばしてくれるのが、この+d ポップアップブックカバーです。

+d ポップアップブックカバーは、使いたい色を外側にして新書や文庫本など読みたい本のサイズに合わせて折り目に沿って内側に向かって折り、続いて真ん中に付いている、蝶の部分とアーチの部分に折り目をつけたら、あとは本をセットすれば準備はOK。

そうすると読み終わりに本を閉じようとすると、まるで読み終わったページに蝶が止まるように自動的に蝶が挟み込まれるんです。そして再び本を開くと蝶が飛び立つように本から自動的に蝶が飛び出すようになっています。

全8色の豊富な色の中から自分好みの色を選べるのもうれしいポイント!
これなら本を読みながら寝てしまったとしてもページを見失う心配もありませんよね^^


以上、17アイテムが今回の文房具ベストセレクションでした!最後までご覧いただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

 にほんブログ村 グルメブログ お取り寄せグルメへ

☆コメントをどうぞ☆ 

管理人が承認するまでコメントは公開されませんので、ヒミツの質問などは
公開しないでくださいと一言添えてくだされば公開しませんので、ご安心を♪

任意

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ(クリックで展開)

このページの先頭へ