陣中・牛タンまるごと一本・塩麹熟成牛タン焼き食べたい!満点青空レストラン

12/6、満点青空レストランで宮城県仙台市の名物である牛タンから陣中の牛タンが紹介されました。
陣中・熟成牛タンの定食
紹介してくれたのは陣中というお店の福山良爾(ふくやまりょうじ)さん。

スポンサーリンク

牛タン焼きは食糧難から生まれた一品

仙台の名物と言えば牛タンで今でこそ仙台には牛タンの専門店が90店舗もありますが、誕生したのは戦後間もない頃なんだそうです。
現在も続く老舗「太助」の初代 佐野啓四郎さんが牛タン焼きの考案者で、それまで日本人には固い牛タンを食べる風習はなく、捨てていたのですが食糧難の時代、知り合いの肉屋に「牛タンを何とか食べられないか?」と相談を受け試行錯誤の末に美味しく食べる技術を編み出したんだそうです。

それが塩を使って肉を熟成させ、柔らかくするという方法。これが広まり、今では店ごとに味付けも熟成方法も様々にアレンジされたお店ごとの味わいを楽しめるようになったんです。

陣中の牛タン

今回、満点青空レストランで牛タンを紹介してくれたのは仙台にある陣中というお店の名人・福山良爾さん。
陣中では牛タンを丸ごとの状態で熟成させていて、詳しいブレンドは企業秘密ですが塩麹入りの調味液で牛タンを1時間近く揉みこんで味付けし、その後、氷点下の冷蔵庫で氷感熟成させています。普通氷点下では肉は凍ってしまいますが、氷温熟成するときの室内で静電気を発生させることによって氷点下でも肉を凍らせないようにしているそうです。この状態で5日間熟成させるとアミノ酸が増え、旨みがUPします。
陣中・熟成牛タン

陣中の厚切り牛タンを炭火で焼いて

満点青空レストランでは、陣中の厚切り牛タンを炭火で焼いてコショウで味付けして食べていました。美味しい焼き方のコツは一面ずつしっかり焼くことだそうで、しっかり焼き目が片面についてからひっくり返します。焼きすぎには注意!

厚切りでとーっても美味しそうでしたね!牛タン大好きです!!
宮川さんと田中さんも柔らかくて美味しいと大絶賛でした。特に宮川さんは「こんな美味しい牛タンはじめて食べた」とビックリしていました。うーん!これは食べてみたい!
陣中の牛タンを焼く

陣中の牛タンお取り寄せ

陣中の牛タンはネット販売されているので、お取り寄せ可能です。満点青空のHPではもう売り切れですが、他のサイトからお取り寄せ可能です。

やっぱり牛タンには麦飯ととろろですよね~!
陣中・牛タン定食

スポンサーリンク

 にほんブログ村 グルメブログ お取り寄せグルメへ
サブコンテンツ(クリックで展開)

このページの先頭へ