レンコンパウダーの作り方と効能・摂取法は?レンコンの粉で花粉症改善!

8/17、主治医が見つかる診療所で腸の粘膜バリアを強化できるレンコンパウダーが紹介されました。2016/4/3にはゲンキの時間でも紹介されましたね!

全身の免疫担当細胞の約7割近くは腸に集約されていて、腸の粘液バリアが病原菌から身体を守ってくれています。
つまり、腸の粘膜バリアを効果的に厚くすることで免疫力アップが期待できるというわけです。

風邪予防や花粉症の症状を改善したり、アレルギー症状全般を改善したりと、嬉しい効果がいっぱいのレンコン!
レンコンパウダー
そこで、今回はその腸の粘膜バリアを厚くするのに効果的な食材として、レンコンが紹介され、そのレンコンを毎日摂取しやすい形にしたレンコンパウダーの摂取法や作り方も紹介されました。

ドライアイやドライスキンなどにもいいようだし、便秘解消にも効果があるようなので女性ならずとも家族全員で積極的に摂取したい食材ですね!

スポンサーリンク

レンコンで腸の粘膜バリア強化が出来るワケ

埼玉県日高市にある埼玉医科大学 日高キャンパスでレンコンを詳しく研究している臨床免疫学の理学博士で埼玉医科大学教授の和合博士によると、腸の粘膜バリアを厚くしてくれるのはムチンという成分だそうで、レンコンのネバネバした液体の中にムチンがたっぷり含まれているんです。

ムチンは人間の唾液や胃液、消化液の中に自然に含まれているのですが、ムチンが腸の粘膜を保護することで微生物の侵入を防ぐバリアの役割を果たしてくれているんです。

人間の体はヌルヌルしていませんが、動物でいうと ドジョウやウナギはヌルヌルしていますよね。
うなぎ
あのヌルヌルはまさにムチンを含む防御物質で、ドジョウやウナギはそのヌルヌルで身体を守っているんです。

人間の場合は、口から腸までつながる消化管はネバネバの粘膜で守られています。
口や喉の粘膜バリアをすり抜けた病原体は今度は胃で胃酸によって退治されます。

しかし、病原性大腸菌O157やノロウイルスなど胃酸に耐える菌もおり、そんな病原体から体を守る最期の砦が腸の粘膜バリアなんです。

腸の表面にはヒダヒダの粘膜があり、そこから栄養素を体内に吸収します。
しかし腸の粘膜は病原体などが体内に取り込まれる入り口にもなってしまいます。

そこでムチンの出番です!
腸の粘膜を守っているのは粘液ですが その粘液の主成分はムチンで、ネバネバのムチンは腸の中に入ってきた病原体が粘膜に近づく病原体を捕らえ、体内に入るのを防いでくれます。

なので、粘液の主成分であるムチンを多く含む食材レンコンを摂取することは粘液を強化して粘膜バリア強化し、さらには免疫力UPにつながるんです。

徳島県の新レンコン

徳島県徳島市では腸の粘膜バリアを厚くするレンコンを生産しています。
レンコン
レンコンといえば冬の野菜というイメージがありますが、夏場に収穫される新レンコンは冬のレンコンより瑞々しくて柔らかくアクが少ないため、さっぱりして食べやすいととても人気なんだそうです。

和合博士によるとレンコンは生で食べるとムチンが効果的に摂れるそうで、生で食べるのに最適な柔らかい夏の新レンコンは特にオススメなんです。

そんな徳島県の夏のレンコンならではの料理を教えてもらいました。
一品目は、新レンコンのゴマ風味サラダ

作り方はとっても簡単!
薄く輪切りにしたレンコンを酢水に浸けて、水気を切り、ツナ缶と胡麻ドレッシングを加えてサッと和え、器に盛ったら青じその千切りを少しトッピングするだけ。
長時間水に浸けると大切な成分ムチンが溶け出してしまうため、酢水に浸ける目安は10秒です。

2品目は、新レンコンのきんぴら

レンコンを縦切りにして太めの千切りにし、フライパンに油をひかずに千切りにした豚肉を炒めます。
そこに千切りにした人参・半月切りにしたピーマンと太めの千切りにしたレンコンを加えて1分間炒め、醤油を垂らして胡麻をふり入れて味付けすれば完成。
ムチンは熱に弱いので、加熱は短めにするのがポイントです。
レンコンにはムチンのほかにも腸内環境を整える食物繊維やビタミンCも豊富なので、紫外線が気になる夏の夕食のおかずにとっても最適ですね!

そんなレンコンを2日に一度は食べているというレンコン農家の方々は、ほとんど風邪も引いたことがないそうで、レンコンを購入してくれる周りの方々からも便通が良くなったなどの声を聞くそうです。

毎日摂るならレンコンパウダー

レンコンが体にいいということは分かりましたが、毎日レンコン料理を食べるというのはちょっと大変ですよね。

そこで紹介されたのが、最初は農家の方々が自家用として作っていたというレンコンパウダー。

レンコンパウダーは、レンコンを乾燥させてから粉状にしたもので、最近ではその健康効果に注目が集まりスーパーなどでも見かけるようになっています。

和合博士によると、1日30~40gのレンコンを2週間摂取すれば花粉症改善が期待でき、さらにレンコンパウダーをヨーグルトにふりかけて3か月食べれば、乳酸菌との相乗効果で80%以上の人にアレルギー症状の改善が見られたそうです。

和合博士流レンコンパウダーの作り方

レンコンパウダーを自宅で作る方法を和合博士が教えてくれました。

和合博士によると、「現代社会人は粘液の分泌能力が減っているため、ドライスキンになったりドライアイになったり、ドライマウスになったり、便秘の人が増えているため、分泌能力を上げてそういった症状を緩和したければ、ムチンを含む食材を大いに摂取してください。」とのことでした。

材料
レンコン 適量

【作り方】

  1. レンコンを皮付きのまま、2~3mm程度の厚さの輪切りにする。
  2. 2~3日天日干しする。
  3. 十分に乾燥したらフードプロセッサーなどで細かく砕いて粉末状にすれば完成!

自分で作るのはちょっと面倒・・・、天日干しできる場所がない・・・という方はレンコンパウダーは市販されているので、こういった商品を活用するのも手ですね。

レンコン湯の作り方

レンコン農家の酒井さんのお宅では自家製のレンコンパウダーを使って、レンコン湯を飲んでいるそう。
そこで、レンコン湯の作り方を教えてくれました。

ムチンは熱に弱いので日本茶を入れるときのように70℃程度に冷ましたお湯で作るのがポイントで、健康効果も期待でき、しかも美味しく出来上がるそうです。

ご夫婦で毎日1杯、レンコン湯を飲んでいる酒井さんの奥さんは、「咳が出始めた時や風邪の初期に子供にも飲ませやすいので使っています。」と話し、ご主人も「予防にはなっていると思いますね。」と話していました。

材料
レンコンパウダー 大さじ1
砂糖 少々
70℃程度に冷ました湯 適量

【作り方】
マグカップにレンコンパウダーを入れ、お好みで砂糖を加えたら お湯を注いで完成!

レンコンパウダー活用法

徳島市内の食堂でもレンコンパウダーは活用されていました。

ひと口大に切った野菜(ナス)を鍋に入れ、続いて豆腐をサイコロ状に切って鍋の中へ。
このまま水などは加えず野菜に軽く火を通します。
そしてある程度火が通ったところでレンコンパウダーを投入。
レンコンパウダーを投入したら鍋の温度を下げるため、だし汁をすぐに注ぎます。
ポイントは先に野菜に火を通しておき、レンコンパウダーはあとから入れること。
そのあとも沸騰させないように注意し、ダシ汁が温かくなったところで味噌を溶けばレンコンパウダー入り味噌汁の出来上がり。

こちらのお店では他にもルーにレンコンパウダーをたっぷり混ぜた夏野菜カレーやレンコンパウダーをまぶした豚肉と野菜の味噌炒めなど様々な料理にレンコンパウダーを活用していました。


更にレンコンパウダーは毎日の食事にちょい足しもできます。
サラダの上にささっとふりかけたり、そうめんならすりゴマの代わりに薬味として使ったり、ヨーグルトにトッピングするのもお勧め。

他にもお漬物にふりかけたり、お味噌汁にふりかけたり、納豆に加えたり、ハンバーグや肉団子のを作るときにタネに加えたりなどアイデア次第で何にでも使え、レンコンパウダーにはオリゴ糖が含まれているため甘みは少しありますが、ほとんど味はないため、料理の味はほぼそのままにムチンを効果的に摂ることができます。

スポンサーリンク

 にほんブログ村 グルメブログ お取り寄せグルメへ

☆コメントをどうぞ☆ 

管理人が承認するまでコメントは公開されませんので、ヒミツの質問などは
公開しないでくださいと一言添えてくだされば公開しませんので、ご安心を♪

任意

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ(クリックで展開)

このページの先頭へ