ブロッコリースプラウトのスルフォラファンで肝機能改善&若返り!ダイエットにも!

3/17、直撃LIVEグッディ!で脂肪肝予防や肝臓がん予防にはブロッコリーやブロッコリースプラウトが効果絶大という情報が紹介されました。

ブロッコリーにはビタミンA、ビタミンB2、ビタミンC、鉄分などが含まれていて、細菌感染予防や皮膚の老化防止に役立つのですが、アメリカのイリノイ大学の研究で、さらに新たな効果が分かったんです!
最強健康野菜ブロッコリー


スポンサーリンク

ブロッコリーは脂肪肝予防に効果あり!

イリノイ大学の最新研究で分かったブロッコリーの効果は、脂肪肝を予防できるというもの。

脂肪肝というのは、自分の体で使うエネルギーよりも蓄積される中性脂肪の方が多くて、肝細胞にどんどん脂肪が蓄積してフォアグラ状態になってしまうこと。
ブロッコリーのスルフォラファン効果のマウス実験
脂肪肝になってしまい肝臓の機能が低下してしまうと、本来肝臓で処理されサラサラになるはずの血液が、ドロドロとした血のままになってしまい、疲れやすくなったり頭痛がしたりと様々な健康被害が出てきてしまいます。

脂肪肝が進むと、高血圧や肝臓がんにも発展する恐れがあるので、つまりはブロッコリーを摂取することで高血圧や肝臓がんの予防も期待できるというワケです。

有効成分「スルフォラファン」

ブロッコリーに脂肪肝を予防し、ドロドロ血になるのを防いでくれる効果があることが分かりましたが、それはブロッコリーの何の成分によるものなのでしょうか。

それは、「スルフォラファン」という成分です。

スルフォラファンは植物由来成分でビタミン・ミネラルなどと並んで7つ目の栄養素と呼ばれている程、注目されていているのですが野菜の中ではブロッコリーにしかほとんど存在しない成分です。

このスルフォラファンには解毒酵素を活性化させる働きがあり、肝臓機能を改善して元気にしてくれる効果が期待できます。

実際、発がん性物質を投与したマウスを6か月間観察したところ、通常のエサのみ食べていたマウスは70%にガン細胞が見つかりましたが、エサ+ブロッコリーを食べていたマウスには50%しかガン細胞が見つかりませんでした。

この実験結果を受けて、イリノイ大学のエリザベス・ジェフリー教授は、「サラダを食べる時はブロッコリーが入っているものにしましょう。」とブロッコリーを推奨しています。
ブロッコリーのスルフォラファン効果のマウス実験
さらには、糖分や脂肪の分解を促し代謝を良くしてくれるのでダイエットにも効果的!
以前、別番組でブロッコリースプラウトを利用してダイエットする企画があったので、気になる方はご覧ください。

ブロッコリー&ブロッコリースプラウトの食べ方

最後に東海大学医学部の西崎教授が、ブロッコリーとブロッコリースプラウトのオススメの食べ方を紹介してくれました。

まず、ブロッコリーのオススメの食べ方ですが、レンジで加熱して食べるというもの。
ブロッコリーの有効成分であるスルフォラファンは水に溶け出やすいので、茹でるとどんどん茹でているお湯の方に栄養分が溶け出ていってしまいます。
なので、ブロッコリーを食べる時はレンジで加熱するか、スープにして茹で汁も有効活用するのがオススメです。

また、スルフォラファンをより多く摂取しようとするなら、ブロッコリースプラウトがオススメ!
ブロッコリースプラウトはブロッコリーの新芽のことで、スルフォラファンをブロッコリーよりも7倍も多く含んでいます。
ブロッコリーとブロッコリースプラウト
城西国際大学の太田教授によると、ブロッコリースプラウトは3日に一回 約20gを摂取するだけで十分で3日間はスルフォラファンの効果が持続します。

なので、上記画像で私が持っているスーパーで購入したブロッコリースプラウトで計測すると1パックだいたい40g程度入っているので、3日に1回半パック食べれば効果があるということですね。

3日に一回でいいということですが、体にいいと知ってから私はそれ以上の割合でブロッコリースプラウトを食べるようにしています。
安い時なら、1パック90円くらいで買える時もあるし、味に癖もなく料理の彩りに使うのもいいし、サラダにプラスしたりチャーハン作る時に加えたりと色々と利用しています。

美味しくて体にいいブロッコリーとブロッコリースプラウト!是非とも普段の食事に取り入れて、健康な毎日を過ごしたいですね!

ブロッコリースプラウトは加熱せず生で摂取を!

3/21に放送された、中居正広のミになる図書館 3時間スペシャルで女優の根本りつ子さんがブロッコリースプラウトをおひたしにして食べていると言っていたのですが、管理栄養士の岸村康代さんによるとブロッコリースプラウトは加熱してしまうと若返りの効果が半減してしまうと話していました。

ブロッコリースプラウトのスルフォラファンを効果的に摂取するためには、よく噛んで細胞壁を壊して取り込まないといけないそうで、奥歯ですり潰して食べることで有効成分を十分に摂取することが出来るようになるそうです。

スルフォラファンの吸収率は加熱した時に比べ、生で2倍、よく噛むと3倍、奥歯ですり潰すと7倍になります。
でも奥歯でよくすり潰して食べるのは歯にも悪そうだし、ちょっと・・・という場合はミキサーにかけてスムージーとして飲むのも有効です。

スポンサーリンク

 にほんブログ村 グルメブログ お取り寄せグルメへ

☆コメントをどうぞ☆ 

管理人が承認するまでコメントは公開されませんので、ヒミツの質問などは
公開しないでくださいと一言添えてくだされば公開しませんので、ご安心を♪

任意

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ(クリックで展開)

このページの先頭へ