アロマオイルとコーヒーで認知症予防!名医が毎日実践するアロマセラピー!サタデープラス

10/24、サタデープラス 名医の健康法ベスト5で認知症予防学会の理事長で認知症予防の名医である鳥取大学医学部教授の浦上克哉先生が魔法の一滴で脳が若返るという認知症予防に効果のあるアロマとコーヒーを紹介してくれました。
ローズマリーカンファーとレモンのアロマオイル

認知症予防に効果あり!トリゴネコーヒー

先生が毎日飲んでいるというのが、トリゴネコーヒー。

低温焙煎したコーヒー豆にはトリゴネリンという成分が含まれていて、認知症予防に効果的だそうです。
トリゴネリンは、コーヒーやイカ、タコなどの魚介類にも含まれていて、加熱されることでナイアシンに変化。

このナイアシンは、血流を改善し、脳の神経細胞を活性化して学習能力や記憶力を向上させる効果があるとされていおり、つまり認知症予防にも効果的。また、皮膚を健康に保ち、コレステロールや中性脂肪を分解するなどの働きもあるとされています。

認知症予防に効果絶大!アロマオイル

トリゴネコーヒーも認知症予防に効果ありですが、10万件以上の予防法を見てきたドクターが最も信頼する予防法が、アロマ!

アロマを嗅ぐことによって嗅神経を刺激して認知症を予防することが出来るといいます。

先生によると、世の中ではアルツハイマー型認知症は物忘れから始まると思われていますが、実は嗅神経から障害が出始めるんだそうで、だからこそ嗅神経をアロマで刺激して衰えさせないようにすることが重要だそうです。

認知症に効果的なアロマオイルの種類

数百種類もあるアロマオイル。
先生によると、どんなオイルでも認知症予防に効果があるわけではないといいます。

では、認知症予防に効果があるのは何のオイルなんでしょうか。

それは、ローズマリーカンファーとレモンを配合したアロマオイルです。

ローズマリーカンファー2に対し、レモンを1の割合でブレンドしたオイルが最も認知症予防に効果があるといい、アロマポットなどで焚いて日中に2時間嗅ぐだけでOKです。
ただし、高血圧の方や気分が悪くなる方は医師に相談してから行ってください。

実際、このアロマセラピーを28日間実践したところ知的機能検査(GBS-A検査)の結果で8割以上の認知症患者に改善が見られたそうです。
つまり、予防するだけでなく認知症初期の人にも効果がありそうですね!

このほかにも、手をグーとパーにして胸の前から交互に突き出し、それをチェンジと誰かに言ってもらって途中でグーとパーの位置を入れ替える脳トレや、右手をチョキにして左手をピストルの形にして真横に向け、それを左右交互に入れ替える脳トレも紹介されました。

やってみるとかなり難しくて私は上手にできませんでしたが、上手にできるかが問題ではなく失敗しても何度もチャレンジして脳を悩ませる=活性化させるということがいいんだそうです^^時間が空いた時にでも実践すると良さそうですね!!

スポンサーリンク

 にほんブログ村 グルメブログ お取り寄せグルメへ

☆コメントをどうぞ☆ 

管理人が承認するまでコメントは公開されませんので、ヒミツの質問などは
公開しないでくださいと一言添えてくだされば公開しませんので、ご安心を♪

任意

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ(クリックで展開)

このページの先頭へ