【ノンストップ】ごはんOKダイエットのやり方は?3カ条を守るだけ!

1/6、ノンストップで長続きしてリバウンド知らずの「ごはんOKダイエット」のやり方が紹介されました。

ごはんOKダイエットのやり方を紹介してくれたのは5000人以上の食事指導経験を持つ管理栄養士の伊達友美さんで、伊達さんによると食事指導する中で明らかに白飯を食べ過ぎて太ったという人は5000人中2人しか見たことがないんだそう。

炭水化物をとると太るというのが主流の中、つまり太る原因は「ごはん」にあるわけではないといいうこと?
これは、ご飯大好きの私にはかなり気になるダイエット法です!!
ごはん

スポンサーリンク

ごはんOKダイエットのやり方

今回、ごはんOKダイエットを紹介してくれた伊達先生自身もピーク時には体重が70kg近くあったそうで、23歳当時でも体重が49kgでウエストが65cmでした。
ところが、48歳になる現在では体重43kg、ウエスト56cmで体重-6Kg、ウエスト-9cmを実現し、ここ10年は全くリバウンドせずにキープ出来ているといいます。

糖尿病で糖質制限を余儀なくされていたり、炭水化物の摂りすぎが明らかに太った原因という人は、確かに炭水化物を減らした方が痩せる効果があるそうですが、そうでない人の場合は「ごはんOKダイエット」をしてみる価値があるそう。

【ごはんを食べるメリット】
満腹感が得られエネルギー源が得られるため、ドカ食いや間食、リバウンドを防ぐことができる!


ごはんを食べられて痩せられるならこんな嬉しいことはありませんが、食べてもいいと言ってもバカ食いしていてはやはりいけません。
という訳で、ごはんを食べても痩せる簡単三カ条があるので見ていきましょう!

食べても痩せる簡単三カ条

ごはんOKダイエットは、即効性があるダイエット法ではないので、3か月くらいを一つの目安として続けるのがオススメです。

ご飯の量については初めから無理に減らさなくても だんだんと少量でも満足できるようになってくるそうでポイントは長く続けるという点です。

  1. 動物性タンパク質(肉・魚・卵・甲殻類・貝など)のメインのおかずをたっぷり食べる。
    動物性たんぱく質・ステーキ

    1日に必要なタンパク質は手の平サイズ(厚さも含めて手首から指先まで)2枚分!

    出来るだけ塊の肉(ステーキとハンバーグならステーキ)が、しっかり噛むのでベスト。原形に近い食材の方が代謝UP!

    ビーフカレーとチキンカレーならビーフカレーがオススメ。牛肉の方が体脂肪燃焼を助けるL-カルニチンが豊富!
    L-カルニチンは羊肉>牛肉>豚肉>鶏肉と含有量が変わってくるので、一番オススメは羊肉ですが北海道民の私はいいとして他県の人はそんなに摂れないので牛肉がベストですね。

  2. 良質な油を摂る。
    良質な油を摂る・えごま油など

    オメガ3系のα-リノレン酸を含む油を摂ることで代謝UP!オメガ3系にはエゴマ油やアマニ油、インカインチオイルなどがあります。直接飲むより食事にかける方が良し。

    1日3~4g 小さじ1杯分くらいでいいと言われているが、ダイエットを意識する人は多めに摂る方がいいので1日にティースプーンに2~3杯くらい摂るのがGOOD!

  3. 味噌汁を飲む。

    味噌の原料は大豆で植物性のたんぱく質が摂れる。メインは動物性で汁ものは植物性と2種類のたんぱく質を摂ることで相乗効果で糖質が燃えやすくなる!

  4. 飲む量は1日に2杯程度を目安に!塩分が気になる人は野菜や海藻の具を増やす。インスタントでもOK。

ご飯以外を食べる時のテクニック

ごはんOKダイエットの場合、主食は出来るだけ「ごはん」を食べるのがいいんですが、たまにはラーメンやパスタ、パンも食べたいですよね!

そこで、ご飯以外を食べるときのテクニックがあります。

  • ラーメンを食べる時はトッピングにチャーシューや味付け卵を!胡椒や酢をかけるのもオススメ。
    ※動物性のたんぱく質をプラスするのがポイント!
  • パスタを食べる時はツナサラダや生ハムをプラス!タバスコを使うとGOOD!
    ※これについても動物性のたんぱく質をプラスするのがポイント!タバスコで脂肪燃焼効果UP!
  • パンを食べる時は抹茶豆乳やソイラテをプラス!
    ※植物性ではありますがタンパク質を摂った方がいいのと豆乳にもα-リノレン酸が若干含まれていて、抹茶にはカテキンや食物繊維が含まれるので糖の吸収を緩やかにしてくれます。

実践した人のダイエット結果

ノンストップでは会社員の木所恵子さん(61)に ごはんOKダイエットを実践してもらいました。

木所さんは身長160cmでダイエット前は体重が58.8kg、ウエストが85cmでした。
そして昨年7/7~今年1/3の約5か月間のダイエットで体重が58.9kg、ウエストが76.5cmと体重は減っていませんがウエストは-8.5cmという結果になり、20年前のパンツもラクラク履けちゃうようになりました。

体重は減らないけれど体型が変わるというのがこのダイエットの特徴で、特別な運動も必要なしです。

実は、ごはんと一緒に摂ったものに秘密があります。
それは三カ条の一つ目でもある動物性たんぱくを摂ること。エネルギーを消費するのは筋肉が一番大きいですよね?
そこで筋肉量を増やすことが消費カロリーを上げて痩せやすく太りにくい身体を作ることになります。つまり食べたご飯の糖質を肉や魚をたっぷり摂ることで筋肉量を上げて消費しやすくしようということです。

プヨプヨの脂肪と引き締まった筋肉では筋肉の方が重いため、木所さんも体重はほとんど減りませんでしたがスリムになれたというわけです。

さらに、木所さんはごはんのメニューに何かをかけていました。
かけていたものは、「アマニ油」!
アマニ油はオメガ3系と呼ばれる油の一種で、この中に含まれるα-リノレン酸という物質が食べた糖質を燃やしやすくし、ダイエットにつながるんです。

この他に木所さんが守ったのは3カ条の3つ目のお味噌汁を飲むということだけです。

3カ条の項目で3か月を目安にと紹介したとおり木所さんは、ごはんOKダイエットを始めて1か月の時点で体重自体にほぼ変化はありませんでしたが、ウエストサイズについては7月7日に始めて8月8日の時点で85cmから76.8cmと一気に減りました。

そしてその後、今年の1月3日には76.5cmとウエストが細い状態を維持したということでリバウンドせずにいるということで体脂肪が筋肉に置き換わった結果が出ています。

木所さんの他にもこのダイエット法にチャレンジした男性がます。
寺田さん(48)は身長179cmで、昨年の6/29にダイエットを開始して体重69.1kg、ウエスト84cmだったのが、今年の1/2には体重67kg、ウエストが83cmになりました。
つまりこの男性の場合は、体重が2.1kg減り、ウエストが1cm減ったことになります。

寺田さんの場合はもともと痩せているタイプでさらに筋肉を上手くつけてトレーニング効果を上げたいという要望があったため、木所さんとは違った結果になったそうですがリバウンドせずにキープできているという点では同様です。

このように体重が先に減る人やウエストが先に減る人と個人差はありますが、ダイエット効果は期待できそうですね!

スポンサーリンク

 にほんブログ村 グルメブログ お取り寄せグルメへ

☆コメントをどうぞ☆ 

管理人が承認するまでコメントは公開されませんので、ヒミツの質問などは
公開しないでくださいと一言添えてくだされば公開しませんので、ご安心を♪

任意

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ(クリックで展開)

このページの先頭へ