デブ菌の比率が高いと太る!デブ菌って何?デブ菌を減らす方法は?バイキング

4/3、バイキングでデブ菌という肥満の原因になっている菌について特集がありました。世の女性が抱える永遠のテーマ、それはダイエット!
しかし今、これまでのダイエットの常識を覆す「食べないのに太る、食べるのに太らない」という問題にはデブ菌というものの存在が関係しているというのが明らかになりました。
腸内フローラ
デブ菌について茂木健一郎先生が迫ります!
デブを連発していますが、これはデブ菌についての記事なのでお許しください。

スポンサーリンク

デブ菌とは?

理化学研究所でデブ菌についての研究を行っている辨野 義己先生にデブ菌について伺いました。

デブ菌というのは消化されたものを溜め込んでしまう菌で今まで肥満というと食べ過ぎや運動不足が原因といわれてきましたが、今は肥満のもう一つの原因は腸内細菌にあると言われているんです。

そもそも人間の体内の仕組みは食べたものの栄養や水分の80%を小腸で吸収し栄養を補い、吸収されなかったものが大腸を通り排泄されます。
しかし、デブ菌は体に必要のないものまで吸収し その場に溜め込んでしまうのです。

つまりデブ菌とは通常は体から排出しなくてはいけないものを邪魔して溜め込んでしまう、ものすごく悪い菌なんです。

デブ菌って感染するの?

アメリカのデータで、娘さんが太っていて腸管感染症だった母親に大便移植という特殊な治療法を行い 娘の大便を飲ませたところ、痩せ型の母親は病気は完治しましたが娘が持っていたデブ菌の影響で太りだしてしまったんです。

では、旦那さんが太っていて奥さんに大便を移植したら奥さんも太ってしまうのかというとそういったことはありません。
というのも、デブ菌は肉親からしか感染しないんです。
親子の場合は親が太っていると子も太りやすいというのはあり得ます。

つまりデブ菌の感染には遺伝が関係していて血縁関係にない人のデブ菌をもらったりあげたりしても感染することはないということです。

デブ菌ってみんな持ってるの?

デブ菌自体はどんな人でも持っていて人間は、デブを促進する菌(デブ菌)とそれを抑制する菌(ヤセ菌)も持っているんです。
ただ太りやすい人というのはこのバランスが悪くデブを促進する いわゆるデブ菌の割合が多いということなんです。

理想的な比率はデブ菌4に対してヤセ菌6なんですが、デブ菌の比率が増えると肥満につながってしまうんです。

ただ、まだデブ菌については詳しくは分かっていなくてどの菌がデブ菌なのか判明していないそうです。

デブ菌とヤセ菌の比率を検証

番組ではタイムマシーン3号の腸内を比較してみました。
確かに2人はヤセ体型とデブ体型なので、分かりやすいですね。

デブ菌の検査は便の提出と生活習慣の問診で行い、検査結果は2週間後に出ました。

【山本浩司さんの検査結果】
痩せている方の山本さんの結果はほぼ理想的な数値が出ました。

ヤセ菌(バクテロイデーテス):59.7%
デブ菌(ファーミキューテス):38.9%
比率:デブ菌4:ヤセ菌6

【関太さんの検査結果】
見た目通りの結果で驚きですがデブ菌の比率がやはり高すぎるという結果が出てしまいました。

ヤセ菌(バクテロイデーテス):30.3%
デブ菌(ファーミキューテス):66.9%
比率:デブ菌7:ヤセ菌3

デブ菌が及ぼす健康面の影響

辨野先生によると大腸というのは大腸がん、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎など内臓の中でもっとも病気の種類が多い臓器です。

大腸がんなどの病気の予防にも腸内細菌は重要で、大腸がんを起こすのも腸内細菌で予防するのも腸内細菌でつまり、私たちの体の中の体内微生物が私たちの健康と病気をコントロールしているんです。

なので、デブ菌に限らず腸内は健康に保たなくてはいけません。

デブ菌を減らす方法

今回、デブ菌について解説してくれた辨野先生は86キロから72キロと10キロ以上痩せました。
痩せた方法は、腸内細菌を整えるというもの。
運動もしたそうですが、食べるものを変えたというのも大きかったそうです。

太っていたころは肉を中心に食べる生活だったそうですが、痩せるために野菜とヨーグルトを積極的に摂ったそう。
それとデブ菌を減らすのに最も効果的な食べ物は納豆!!

納豆菌は胃酸に負けずに生きたまま腸に届き、驚異的な繁殖力(16時間で40億倍)で腸内を整え、また納豆(大豆)の食物繊維もそれに加えていい効果が期待できるんだそうですよ。

渡辺 えりさんは野菜もヨーグルトも納豆も好きで良く食べるそうですが痩せないと言っていましたが、腸内細菌のバランスがまだ良くないため効果が出ていないのかもしれないということでした(^_^;)

もっと詳しくデブ菌・ヤセ菌について知りたい方は以前NHKで放送された腸内細菌についての記事をご覧になってみてください。

スポンサーリンク

 にほんブログ村 グルメブログ お取り寄せグルメへ

☆コメントをどうぞ☆ 

管理人が承認するまでコメントは公開されませんので、ヒミツの質問などは
公開しないでくださいと一言添えてくだされば公開しませんので、ご安心を♪

任意

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ(クリックで展開)

このページの先頭へ